老人ホームの生活に必要な費用と資金計画を立てる

自立さん
老人ホームへの入居を考えているけれど、費用やお金のことが心配なのよね。
セツ子
そうね。
入居中は利用料を支払うことになるわ。
入居前にしっかり資金計画を立てることが大切よ!
せっかく入居したのに、途中でお金が払えなくなって退去することになる例もあるわ。
自立さん
でも、どんな風に資金計画を立てればいいのかしら?
セツ子
老人ホームといっても、公的施設と民間施設では費用が全然違うの。
希望の施設に入居するために、どれだけのお金が必要かを調べておかないといけないわ!
自立さん
施設の中身だけで決めるんじゃなくて、利用料なども調べておかないといけないのね。でも、年金だけで足りるかどうか・・・。
セツ子
その通りよ。
自分達がいくらお金を準備できるかも考えておく必要があるわ。
年金だけで足りない場合は、何処から、いくら捻出するのかといったことを具体的に計画しておくといいわよ!
自立さん
施設の入居にかかる費用と、準備できるお金の額をしっかり把握しておけば、お金に関する心配はいらないってことね。

入居後の失敗で多いのはお金のこと

老人ホームに入居した後の失敗理由で一番多いのは、お金に関することです。

毎月支払う月額利用料や、食費、管理費、退居した場合の一時金の返金などのトラブルが多発しています。

例えば、月額利用料が10~13万円だと聞かされていたから入居を決めたのに、実際請求された金額が15万円を超えていたというケース。

持病を患っている場合には、医療機関の受診料や薬代が必要になります。

また、一人で外出することが困難な場合には、付添いのスタッフの費用も必要です。

外出時に施設以外で飲食をした場合は、その費用も請求されます。

月額利用料は、施設を利用する基本料金のようなものです。

施設以外での飲食費、日用品代や介護用品の代金、追加の介護サービス料は基本的には含まれていません。

そのため、入居後に支払う金額は月額利用料よりも高くなるのが普通です。

用意できるお金と、利用料のバランスに注意しましょう。

お金に困る高齢者

利用料に対して用意できるお金がギリギリだと、その後の支払いが難しくなってしまう可能性が高くなります。

老人ホームに入居した後に月額利用料が支払えなくなってしまうと、退去しなければいけません。

このようなトラブルを避けるためにも、お金に関することは入居前にしっかりと計画を立てておく必要があります。

資金計画を立てる

施設の入居にかかる費用は、利用料だけではありません。

毎日のオムツ代に加え、お小遣いなども必要となり、利用料以外にも費用はかかります。

オムツ代は使用した分だけ請求されるのか、それともパックごとの購入なのかによって差がありますが、1か月あたり1~2万円かかるのが一般的です。

日用品

入浴に必要なシャンプーや石鹸、タオル、歯ブラシ、歯磨き粉に加え、女性の場合には化粧品なども必要になることがあります。

日用品にかかる費用の平均は約3万円だと言われていますが、人によっては5万円を超えることも珍しくありません。

基本料には何が含まれるのか、どのようなものを実費で負担しなければいけないかということを知っておけば慌てないで済みます。

また、入所中の費用を何処から捻出するかも重要です。

入居の際の一時金は預貯金から用意できるのか?

入居中の利用料は年金だけで足りるのか?

もし足りない場合は何処から捻出するのかをしっかりと計画してください。

計画する時には、いつまでにいくら用意できるのか、
収入源は安定しているのか、
安定していない場合は、最低金額と最高金額を把握しておくことが重要です。

施設の入所にかかるお金と、自分達が無理なく支払える金額を比較して冷静に判断してください。

予算に応じて施設を選べば、お金に関するトラブルを防ぐことができます。

「老人ホーム生活で必要な費用と資金計画」の記事一覧

貯蓄や年金以外での老人ホーム入居費用の捻出方法

自宅の活用方法がカギ 自宅を所有している場合は、自宅を活用してお金を工面することができます。 どのような活用方法があるのか、それぞれの活用方法のメリット・デメリットを知っておきましょう。 家と土地を売却する 老人ホームへ・・・

月額利用料に含まれない老人ホームでかかる必要経費

月額利用料にはどんな費用が含まれるの? 月額利用料の一般的な内訳は、賃料、管理費、食費、介護費、水道光熱費です。 管理費としては、建物の共有部分のメンテナンス費用、職員の人件費、レクリエーションにかかる費用などが含まれま・・・

老人ホーム費用の算出方法から用意できる費用をチェック

費用算出のために把握しておく5つのこと 費用算出のためには、把握しておくべき5つの項目があります。 収入や預貯金、家族の援助の有無など、事前に調べておかなければいけない項目を確認しましょう。 1.定期的に入る収入の把握 ・・・

サブコンテンツ