ウェブクルーが運営する「ズバット!有料老人ホーム」の担当者佐藤さんにインタビュー

ウェブクルーが「運営するズバット!有料老人ホーム」の担当者佐藤さんにインタビューをしました。

佐藤さん達が行っているサポート内容

佐藤さんインタビュー_R

質問者:サポートは、何処までしていただけるのですか?

回答者:資料の無料送付から施設の見学同行などを行います。
あとは、希望であれば契約時の同席もしております。
見学同行は何回でも出来ますし、何か詳細などが分からないという事であれば、
ご自宅まで訪問をしてご説明をするという事もしています。

 

サポートを行っている地域・範囲

質問者:サポートを行っている地域としては、ある程度関東限定ですか?

回答者:そうです。一都三県です。交通費がかかってしまうので。

質問者:一都三県ですね。なるほど。そうですよね。

回答者:特に後は、ケアマネージャーさんとか。
あと、ご本人が探している場合は出来るだけ同席・同行してあげないと、
高齢者の方1人で行くと危ないので、その辺は配慮しておこなっています。
そして、最近では決まった時の引っ越しの業者とか、後は生命保険とか、その辺のご案内もしています。
その他には不動産を売って入りたいっていう方の、不動産のご紹介などもしています。

 

サポートにかかる費用や範囲

2014-11-07 12.11.36
質問者:なるほど。そういう相談に乗って頂いた場合に、費用はどの様にお支払いするんですか?

回答者:費用は全部無料でやっています。

質問者:全部無料ですか?

回答者:はい。訪問も無料です。後は、入居者さんの家族が3人いるので、そこに資料送ってと言われても、それも全部無料です。何回でも。

質問者:そこまでやって貰えるのですね。

回答者:はい。

質問者:例えば交通費をその分負担するとか、そういうのも無いんですか?

回答者:はい。入居が決まったら老人ホーム側から生活保障がいただけるので、そこでやりきりをする。というだけの話です。

質問者:それは助かりますね。

 

問い合わせ内容で多いケース

質問者:お問い合わせ内容はどのような内容が多いですか?

回答者:一番多いのは、やっぱり独居で、一人暮らしが難しくなった親の入居先を探しているっていうのがやはり多いですね。
周りの方に迷惑をかけ始めたとか、ボヤを起こしてしまったなどです。
あとは「夜中に動けなくなった」という電話があったとかで、息子さん娘さんが慌てて電話されるパターンが多いですね。

質問者:それでは急ぎの内容が多いのですね

回答者:急ぎの内容が多いですね。

その次に多いのは、入院をしていて、もう退院しないといけないという人です。
骨折をして入院したんだけれども、治った後どうしよう、という方などですね。
退院をして家で生活するのが出来るかというとそれは難しい状態ですので
「もう自宅は無理なので、老人ホームにお願いします」と言う方がいますね。
ただ、連絡をいただいた時にはもうすぐ退院という方が多いです。

余裕があるときには家族はあまり探さないので・・・

ギリギリ2週間前になって、急いで探さないといけないとかになって、慌てて連絡される方が多いです。
入院から退院っていうのはもう時期が決まっているので、その間にうちがどうにかしないといけないんですね。

このパターンは結構多いです。

あと、問い合わせで多いのは、ご家族と同居していて、でも自分たちでの介護は難しい、在宅介護が困難だという方。
特に共働きの家では昼間は見られないなど、そのような状況で困難という方です。
ずっと見ていなくてはいけないくらいの介護が必要になってくると、家族は介護が困難になってしまうみたいです。
さらに、夜間帯の介護で時々起きなければいけないとか、そのような介護が増えてくるともう限界みたいですね。

質問者:そうするとやっぱり、結構皆さん急いでいる方が比較的多いんですね。

回答者:問い合わせのうち、1年以内に入りたいという方は全体の60%か70%です。
そしてその中でも、3ヶ月以内に入りたいという方は40%くらいですね。

質問者:そうなんですか。

回答者:ただその40%の中に、予算が無いけど急いでいる方も多いので。
それが実際に入居につながるのかと言われると、そうでも無いんですね。
大体そのくらいです、具体的には。

 

お問い合わせをする年齢層

老人ホーム1
質問者:実際に問い合わせをしてくる年齢層はどのくらいですか?

回答者:大体入る方が80から85~86の方が多いので、その息子、娘さんなので、65とか、70。そのくらいの方ですね。
もしくは5歳年下の妹さんとか弟さんとか。比較的年配の方が多いです。

質問者:もう60歳以上が多いのですね。

回答者:はい。だからネットを上手に使っているという方は中々少なくて。
タウンページなどの電話帳を見ての電話とか、後は役所に相談に行くとか、そのようなアナログ的手段での相談が比較的多いです。
インターネットも結構ページがたくさんあったりすると、辿り着かないとかになってしまうので。
やはり電話の相談が多いと思います。

 

誰が連絡をしてくるのか?

質問者:例えばお孫さんが電話番号調べてくれて、かけてくるっていう事はあるのですか?

回答者:今多いのは、孫が調べて、お父さんお母さんが電話をかけてくるっていう事が多いです。

質問者:やっぱりそういう事が多いのですね。

回答者:孫に調べて貰ってプリントアウトしてその紙を持ってくるという感じが多いです。
その場合は2、3件紹介しているみたいで、何ヶ所かに電話しているようですね。
その他には、もうすでにお気に入りのところが決まっていて、お年寄りの方がそこから電話してくるっていうのはあります。

質問者:そうですよね、なるほど。
そうすると入居される方が直接問い合わせしてくるのか、
家族が問い合わせしてくるのか、その割合はどういう感じですか?

回答者:直接電話をくださる方は1割位かなと思っています。
家族からの連絡は大体8割~9割くらいの割合です。
その他にはソーシャルワーカーなど病院にいる看護師さんや、ケアマネージャーさん
そういう人から最初の連絡をいただくというのが多いですね。

質問者:そうですよね。相談をどこにしていいのか分からないから、まずケアマネージャーさんに相談するという人は多いですよね。

回答者:入居する方のほとんどが、もう自己判断することが難しい方が多いと思います。
本人が認知症だったりすることも多いので。ですので、その辺も含めて家族の方がどうにか入って欲しいというのも多いみたいです。
一般的によく聞く「入りたくて入った人はほとんどいない」という背景にはこのような現状があると思うんですよ。
もう家での在宅介護が大変で、とにかく入れないと厳しいという人が多いです。
そして「せめてもの罪滅ぼしじゃないけど、良い所に入れたい」思っている人も多くいます。

 

実際には特別養護老人ホームに入れたいけれど・・・

2014-11-07 12.10.59

質問者:例えば、「できれば、特別養護老人ホームに入れたいんだけれども、何とかその方法無いかな」って聞かれた場合は、どう答えていますか?

回答者:その地域や行政によってやり方が違って、
横浜だと役所に5つの特養の申し込みが出来るようになっているんですね。
そこで、ある程度の申し込みをしているなどのアドバイスをするんですけども。
ただ、その待ち人数が実際にはかなり多いという話もしています。

本来は個々個に申し込みが出来るんですけども、一個に絞って、そこに申し込みをして、何回も定期的に訪問する事によって、
スタッフが、この家族はちゃんとしてくれる家族だということを認識してくれて
優先順位を上げるという裏技もあるみたいですけどね。

実際には、そういったものがあるので、「もうすぐ入れる」状態までいってもなかなか入ることができないみたいです。
結局入るのは困難という現実ですから。
・・・ただやっぱり、特養に入りたいっていう方は結構多いですね。

 

「有料老人ホーム」と「特養」の具体的な違い

質問者:入居者から見て「有料老人ホーム」と「特別養護老人ホーム」の違いとは実際に入った場合、具体的に何があるんですかね?

回答者:普通に介護サービスをして貰えるというのはどちらもありますけども、具体的に多分認識はしてないと思うんですよね。
介護をして貰えるというだけの話で、質や何処までやって貰えるかっていうのは、
両方は入っている人はいないので分からないと思います。
僕らからするともう本当に特養はマニュアル通りの動きしかやらないって言われているので。

質問者:質が低い事は低いですよね?

回答者:低いです。意識も低いですし。後は医療依存度が高い方も対応出来ないですね。
夜中にたんの吸引をしないといけないとか、後は糖尿病の人の注射とか、あの辺も特養だと出来ないので。
その場合、待機にさせちゃうんですね、そのような人は。
他にも待機者がいっぱいいるので、面倒くさいお客さんは出しちゃうって感じです。

質問者:そうなんですか?

回答者:はい。もうとにかく、ちょっとあったらもうすぐに出しちゃうんです。
他にもお客さんは、いっぱいいるので、選べるので、っていう話なんですよね・・・
その辺の多くの方はわからないと思います。
実際には、値段だけを多分見て特養が良いって言っている方は、かなり多いと思います。

 

実際に掛かる費用はどのようにやりくりしているのか?

2014-12-12 10.31.06

質問者:そうですね、なるほど。
各家庭の予算のことなのですが「周りの親戚からお金を出して貰う」などは多いのですか?
回答者:各家庭によって違うので具体的な事例には絞れないのですが
一つをあげるとすれば、年金だけじゃまかなえないので、特養代から2万円ずつカンパ貰って、どうにか生活している方がほとんどです
それを聞いて、「じゃあうちもしないといけないかな」という話はあるので、うちで一応マニュアル化にしています。

質問者:そうなんですか。

回答者:それでも出せない場合は、じゃあもっと安い所探すしか無いですねと話をしています。

 

面会のペースについて

質問者:確かにそうですね。後は、一般的に家族の面会はどうですか?これも色々あると思うんですけれど。

回答者:大好きな場合は、2週間に1回とかです。会社に毎日いる人は居ますので。
聞くと、ついでに介護もやって下さいみたいなアットホームな所もあって、お風呂入れちゃったりする人もいるらしいです。

逆に、こない人では本当に来なくて、半年に1回来たら良い方だというケースもありますね。
ただ入居者さんの個人情報もあるので身元の分からない人が来た場合には通すことが出来ないなど、そのような対策も行っているみたいです。
大体基本はでも、1ヶ月に1回くらいは顔出すんじゃないでしょうか。

質問者:ですよね、確かに。

回答者:何かしらホーム側も家族が来るイベントは行っています。
お花見会とか。後そういう居酒屋だとか、色んなことやるので。

質問者:そのような事もするんですね。

 

入居の際の人付き合いの問題は?

DSCF4075_R

質問者:後は、人付き合いが上手い人とか、まあ自分の父親ちょっとあんまり人付き合い上手くないから、こういう所入って大丈夫なのかな?っていう、そういう相談っていうのはあるんですか?

回答者:ありますね。それだけ個人の時間を上手に使わせる様な施設を選ぶようにしていて。

凄いレクリエーションをがっちりさせる所もあれば、そういう読書とか、
新館の施設もあるので、その辺はこっちで選んで、こういった所がありますよっていう感じです。
だから入居する方の性格を聞いたりとか、好みを聞いたりとか、それに合った施設を選ぶっていうのが、

今回もブランダー浅草で出したのは個人個人の時間を重要にしているので。
そういった所がお好きな人であれば、後は男女比を見たりとかしています。
50人に対して2人しか入ってない所とかあるので、男性が。そういう所は出来るだけ避けたりなどの対策をしています。

 

入居している人の男女比率

質問者:お話の中で男性が少ないみたいなんですけれども男性はどうされているんですか?

回答者:その年代ですともう、お亡くなりになった人が多いです。

質問者:そうなんですね。

回答者:そして、その後奥さんだけが残って、老人ホームに行かれるという方が多いので。

質問者:やはり男性が先なんですね。

回答者:男性が先ですね。

 

認知症の方が気をつけること

2015-05-30 09.27.59

質問者:認知症の場合は何に気をつけているんですか?

回答者:介護の質だと思うんですよね。どういった事をさせるかとか、認知症だからって言って、もう何もしない所もありますので。

質問者:そうか。「ここち」言っていたような、自分のことはなるべく自分でする、そういう事を見た方が良いって事ですね。

回答者:あとは、レクリエーションが色々あって、認知症の脳トレとか、レクリエーションの頭も活性化させて、
進行を遅らせるっていう、川島隆太ってDSのそういう動き作ってあの人が認知症用の教本を作っているんですけども。
それを取り扱いしている老人ホームで、それを行っています。

あとはスムーズラインって言って、スウェーデンの老人の認知症を予防するイベントがあるんですけど。
レクリエーションみたいな。それを取り入れたりとかしています。

結構今老人ホームにそのまま入っているので、何をやっているか、イベントとかそういったのを聞いて貰って、実際に見た方が一番良いと思います。
ただ紹介してみたらその辺はもうインプットしているはずなので、教えてもらわなくても良いと思います。
後はフロア分けをしているっていうのがあるので。認知症の方専用のフロアがあったりなどもあります。

質問者:それは認知症の人からしたら、フロア分けしている方が良いんですか?してない方が良いんですか?

回答者:していた方が多分、家族的には良いと思うんですよ。
人に迷惑をかけないですむから。後は、勝手に出ちゃうとか、
徘徊って言って歩き回っちゃう人は、勝手に出られないようになっているんですよ。
その面では安心感とかもあると思います。
後はスタッフの配置も手厚くなっているので、通常の人数を多めに当てているので、そこも安心感だと思いますね。
そこの違いって結構あります。

 

寝たきりの方が気をつけること

質問者:寝たきりの場合はどうですか?

回答者:寝たきりの場合は、寝たきりにさせられているかどうかっていうのがあって、
ベッドにそのまんま寝かせられている人もいて。
そうすると褥瘡、床ずれとかできちゃうんですね。

医療依存度が寝たきりって一番お金になるので。介護報酬一番貰えちゃうので。
それ見て何もしないと、床ずれとか出来たりするので。
出来るだけ車椅子に乗せて、色んな所に連れて行くとか、どういった介抱をやるかっていうのは聞いた方が良いと思います。

質問者:そうですね。それ随分違いますね。

回答者:寝たきりは本当にそのままになってしまうとどんどん衰退っていうか、
自分で出来る動作機能が衰えてっちゃうので。
そこをどのように伸ばしてくれるかだと思います。

 

現在、健常者の人が確認する注意点

2014-11-07 12.12.52
質問者:次に健常者について注意する点はありますか?

回答者:健常者の場合は、介護が必要になった時にどうなるかっていう、先々の確認を取った方が良いと思います。
元気な内に入るけども、介護が必要になった場合にここにいられるのか、
出ないといけないのか、どちらが良いんだっていう所の確認は必要だと思います。
いれませんよっていう所も多いので。

質問者:そういう所があるんですね。それ知らなかったんで、そんな所があるんですね。

回答者:昔はそれがあって、今、そこは改定しているので。ただまだまだ出来てない所は多いですね。

 

できるだけ、費用を抑える方法

質問者:費用を一番安くおさえる方法はありますか?

回答者:安い所を探せば良いんじゃないでしょうか。

質問者:安い所を探す。でもそのデメリットって言うと、やっぱり介護が。

回答者:質は悪かろうと思いますよ。
例えば費用が安いイコール人件費も安いはずなので、良い人材は集まって来ないですよね。
若い良い力持ちが居なかったり
話が上手な女の子が居なかったりとか。
片手間でやっているおばちゃんとか来ちゃう可能性もあると思うんですね。
態度が悪い人だったり。
要するに、安いから良かったのに実際はやっぱりという問題はあるなと思いますね。

質問者:だってそうですよね。いくらでもさっきの寝たきりの場合で、とにかくじっとさせてれば安く済むから、そんな事をされてしまう可能性はある訳ですよね。

回答者:値段をおさえたから良いという訳でもないので、その所は値段の内訳を確認しないといけないですよね。難しいですよね。

質問者:そうですね。で、その人によっても違う訳ですよね?
寝たきりか、痴呆なのかによっても全然違うし。

回答者:ただ寝たきりの場合は介護が重いはずなので、国から貰える介護報酬だとかは高いんですね。
でも手がかかんないんですけども、報酬は貰えるので、老人ホームとしてはそういった人がいっぱいいると、
一番手がかからないし、お金も貰えるんですね。

質問者:そうすると費用が安くても良いよっていう所も出てきたりするんですか?

回答者:家賃じゃ気づかないとかって所も中にはありますね。

 

入居の際のトラブルケース

a6lMBIbRKn

質問者:多分その引き続きになると思うんですけど、トラブルになり易い施設の特徴はあるんですか?

回答者:トラブルになるパターンとしては、営業マンが全部出来ます、
出来ますって言って、いざ入ったら全く駄目だったっていうのが、まず退居のトラブルになります。

質問者:そんな初歩的なのがやっぱりあるんですか?

回答者:お風呂週3回大丈夫ですと言って、実は1回も入れてなかったとかはあります。
後は入居者の着替えがあるはずなのに、昼来たらパジャマのままだったとか。
そういった細かい所のトラブルはありますね。

あとは職員の態度ですよね。
「馬鹿にしきった喋り方」とか「赤ちゃん用語」で喋ってくるとか、そういうのは家族が見た時に、ん?という感じですから。

質問者:そうですね。

回答者:で、基本紹介センターが紹介した老人ホームから出るっていうイメージなので、
まずこっちにたくさん人が来て、その後に老人ホームに行く方が居ますね。
でも大体は料金のトラブルですね。最初20万って言ったのに、何で30万の請求になったなどです。

質問者:そんなのもあるんですか?

回答者:そういうのがあります。

質問者:こういうのって、事前に契約書を交わして、月々いくらとかそういうのをやるものではなんですか?

回答者:不動産と一緒で、読み合わせもして、納得した上での圧印なんですけども、
個人負担費用っていうのが、所謂消耗品とかがあるので。
そこで操作されちゃう場合もあるので。
後は薬代とか、色々あるんです。
後は上乗せ介護費用の他に、お母さんがこれを希望したので、この部分かかりましたとかです。

質問者:何かサービス、外の手伝いをしたからいくらかかかってしまうやつですね

回答者:本来何かあった時は、施設側が家族に了承を取ってからやるんですけども、
先にやっちゃったとかっていうのもあって、トラブルになるケースもありますね。

質問者:それはなりますよね。

回答者:やはり全体的に見ても
基本はでも、安い所はそのようなトラブルになりやすいですね。
例えば入居者が少ない所とかが、入れたいために出来ない事まで出来ますって言うので。

質問者:やっぱりそういうトラブルって多いんですか?

回答者:多くはないですけども、トラブルになった原因としては、そういうのが多いですね。

質問者:ベネッセさんだったら、中級以上だからほぼそういうのは無い様な感じですか?

回答者:無いわけではないのですが、ちょっと職員の態度が合わないなどはやっぱりあるので。
その場合は、まずスタッフの配置換えをするなどして対策をしています。

終わり

質問者:分かりました。ありがとうございました。

回答者:はい、ありがとうございます。

質問者:凄く解りやすい内容でした、本当にありがとうございます。

サブコンテンツ