自立で生活できる方の老人ホームの選び方

せつこ
自立の方の選び方は、

①住み心地&サービス(食事やアクティビティ)&近隣環境>②費用

の順にしぼること!

自立さん
その項目だけを考えれば大丈夫ってことかしら?

そもそも私はサービス付きのホームにしようと考えていたんだけど…

セツ子
自立向けの老人ホームには、

サービス付き高齢者向け住宅(サ付き)以外にも
混合型有料老人ホーム
住宅型有料老人ホーム
シニア向け分譲マンション
などがあるの。

全ての施設を含めると、その数は約3万件よ。

施設ごとに設備やサービスも様々。

それなのに限定した施設だけを見て選んでしまうなんて・・・

ハッキリ言って選び方を間違えているわ!

自立さん
あれもこれもと見ていたら、
余計に迷いそうだけど・・・。

それに、なんだか施設の種類も多いようだし、違いを知るだけで参ってしまいそう。

セツ子
だから優先項目をあげて、こだわりを重視して絞りこむといいのよ!

高齢ということから生活や体の不安はあるものの、
自立の方は介護までは必要ない状態でしょ。

自立さん
確かに・・

まだまだ「体の自由がきく」という状態ね。

介護までは必要ないわね。

セツ子
老人ホームはどこでもバリアフリーだし、
一定の安心面は備えられているのよ。

それなのに、更に安心面を優先して選んでしまうと、
自分に合わない施設が残るわ。

今と変わらずの生活を求めたいなら、

「こだわりを重視」した選び方をするべき!

自立さん
なるほど!
セツ子
老人ホームは選び方をしらないと、苦労するわよ。

数も多いけど、種類も沢山あって、
施設ごとにいろいろな特徴もあるんだから。

自立さん
優先するべき項目から施設を絞り込んでいく!

これが間違いない選び方ってことなのね。

セツ子
そのとおり!

①に「こだわり」から絞る。

残った施設を、②に費用で絞る!

この選び方なら、自分で簡単に迷うことなく施設を絞り込むことができるはずよ!

自分らしい生活を続けられる!こだわりと費用からしぼる自立の方の選び方!

こだわりとなる

「住み心地&サービス(食事やアクティビティ)&近隣環境」

からスタートするのですが、ただ、その価値観は千差万別ですね。

A さん
積極的に楽しみたい

B さん
あれこれはうざったい

C さん
毎日の料理等、面倒な手間だけ解消したい

D さん
自宅で暮らしているような感覚がほしい

E さん
毎日の軽い運動や定期的なショッピングなど、

自由な生活を維持したい

人それぞれが、自分の価値観をお持ちのはずです。

そこで、

  • 住み心地
  • サービス(食事やアクティビティ)
  • 近隣環境

上記をそれぞれ優先したい条件を考えてみてください。

住み心地、サービス、近隣環境について考える際、アバウトではいけません。

しっかりとイメージを持ち、優先したい条件を出していくことが必要です。

では、項目ごとに説明していきます。

住み心地について考えよう

住み心地とは

「精神的な安定と心の安らぎ」が満たされる生活のことです。

重要

どのような空間なら、心地よく落ち着いた生活ができますか?

以下、住み心地に関するいくつかのチェック項目を出します。

確認してみてください。

居室は広い部屋がいい?/狭くてもいい?

老人ホームの広さ 10.65~25.00㎡(※バス・トイレを含む)
特養 一人あたりの専有面積が10.65㎡以上という基準
(一般的なビジネスホテルのシングルの部屋の広さ)
有料老人ホームの介護居室面積基準 一部屋の床面積が18㎡以上
(新しいビジネスホテルのシングルの部屋の広さ)
サービス付高齢者向け住宅 25m²以上
(シティホテルのツインかダブルの部屋程度)

ベランダつきがいい?/必要ない?


べランダがつきを条件にする場合には、


  • ベランダ菜園をしたいのか?
  • どのように自由に使用したいのか?

このようなことも考えておいたほうがいいでしょう。

居室設備キッチンがあるほうがいい?/なくてもいい?

料理をする場合。

キッチン付きが条件となりますね。

自分で料理をしない。

食事サービスを利用する場合には、それほど必要ではないと考えられます。

居室設備にお風呂があるほうがいい?/なくてもいい?

居室にお風呂がない施設もあります。

大浴場がほしい?/いらない?


居室のお風呂とは別に、大浴場や天然温泉がある施設もあります。

こだわりのある方は、条件に設定しておくといいでしょう。

施設の雰囲気、敷地内の雰囲気を重視?/こだわらない?

  • 古い建物か?
  • 新しいか?

上記の違いでも雰囲気は異なります。


  • マンションタイプか?
  • 平屋で住宅タイプか?

マンション型の建物に抵抗がある方もいるでしょう。

敷地内に緑があるか?ないか?


現在住んでいる家に、お庭がある方。

敷地内に緑があったりすることも住み心地としてはポイントになります。

サービス(食事やアクティビティ)について考えよう

サービス(食事やアクティビティ)とは

日々、どんなことをして生活したいか、どんな食生活を求めるかについてです。

サービスの内容は施設によって多様です。

重要

どの程度までのサービスが自分に必要か?求めたいか?を考えてください。

自炊したくない場合

食事サービスがあるところを選ぶ必要があります。

  • 和食と洋食の日替わり
  • 昼食・夕食は6種類の主催から選択
  • 施設内にあるレストランで好きな時間に食事ができる

など異なります。

洗濯等をするのがおっくうな場合

  1. 洗濯は施設内で誰かに頼めるのか?
  2. 外部業者を使うのか?

サークル活動したい?/興味ない?

ホームでは、夏祭りやクリスマス会などの季節イベントが用意されている場合もあります。

手品を楽しむおじいさん

また、書道・コーラスなどのサークル活動がある場合も。

入居者と交流を持ち、楽しみたいと言う方であれば、サークル活動などがある施設を条件にあげるといいでしょう。

他にも、以下のようなサービスがある施設もあります。

  • 理美容室
  • 売店
  • フィットネス用具・プールなどの健康設備
  • ゲストルームや駐車場完備
  • 温水プール
  • カラオケ・園芸・アトリエ・麻雀卓・図書室などの趣味設備
  • テニスコート、ゴルフ場、ビリヤード


自分が求める施設での暮らしを考えて、条件をいくつか出してください。

pdf自立で生活できる方の老人ホームの選び方チェックシート

近隣環境について考えよう

老人ホームからの交通アクセス

近隣環境とは、交通アクセスや周辺環境についてです。

地理的な環境によっては、生活に大きな影響を受けることもあります。

セツ子

家族や友人との付き合いが頻繁にとれる環境が必要な方であれば、

現在住んでいるところから遠くに離れた老人ホームは論外ですよね。

このように、様々な角度から検討して、絞っていきましょう。

  • 駅から近いほうがいい(駅まで徒歩5分、バスで5分など)/遠くてもいいしこだわらない
  • 自然豊かなところがいい/こだわらない
  • 散歩ができる遊歩道や公園が近くにある/こだわらない
  • 福祉施設(医療施設)が充実している地域がいい/こだわらない
  • 通い続けている病院にそのまま通院できるところがいい/こだわらない
  • 近くにスーパーやコンビニ、銀行などがあるところがいい/こだわらない

pdf自立で生活できる方の老人ホームの選び方チェックシート

セツ子
自分のライフスタイルを考え、こだわり条件で絞っていくと、

ある程度、施設は絞りこめたはずです。

残る施設については、次に費用から絞りましょう。

②費用からしぼる

老人ホームでは、毎月かかる月額費用とは別に、入居時にかかる費用があります。

施設の種類によって異なりますが、大きく分けると3体系です。

①一時金あり(有料老人ホームなど)

②敷金あり(サービス付き高齢者向け住宅)

③一時金、敷金なし

これを踏まえたうえで予算を考えてください。

予算内におさまる施設を2つ、3つ程度まで絞りましょう。

ただ、こだわりから絞った施設が、どれも予算オーバーしてしまうケースもあります。

その場合、もう一度こだわり条件を見直してください。

こだわりが多いほど、どうしても費用は高くなります。


「削れる部分はないか?」

検討してみてください。

一方で、費用で絞ってもまだ選択できる施設が3つ以上残る場合もあるかもしれません。

この場合、こだわりをもっと細部まで広げる事もできます。

家族がいる場合には

「家族にとっての立地」や、もしもの時のための「安心(医療介護体制)」

優先したい項目順に絞っていくといいでしょう。

具体的なチェック項目を確認して、絞り込んでいきましょう。

このようにして選んでいき、3つ程度まで絞りこめたら、実際に見学に行きましょう。

最終的に後悔しない施設を選ぶには、必ず見学は必要です!

注意

パンフレットやネットの情報だけで決定することはしてはいけません。

見学の際のチェック項目を参考にして、最終的に自分にあった施設を選んでください。

pdf自立で生活できる方の老人ホームの選び方チェックシート

自立の方の老人ホーム選び 事例

実際にこの選び方で老人ホームを決められた方の事例を紹介します。

事例1

70歳を超え、男の独り身での生活への不安と、家事全般が面倒になってきた

今のマンションを売り払い、高齢者ホームへの転居を考えたのです。

また、近くに子供家族が住んでいるものの、孫がまだ手がかかる年齢ということもあり・・・

迷惑をかけたくないとの理由で探し始めました。

自立の施設選びでの優先項目となる、こだわりから条件を考え始めました。

  • 自分の生活圏内を変えたくない
  • 浴室は居室にある
  • 自家用車がおける
  • 食事を作るのが面倒なので食事提供サービスがある
  • 自立者が多い施設
  • 囲碁が趣味のため施設内で囲碁ができる又はサークルがある
  • タバコを吸うため喫煙スペースがある
  • 居室でインターネットネットが利用できる
  • 近くに散歩できるような公園や遊歩道がある
  • できれば居室でDVDやビデオ鑑賞ができる

この時点で該当する施設はまだ5か所程度ありました。

次に、優先項目第2の費用について考えました。


  • 公務員だったことや相続で受け取った資産
  • マンション売却後にお金も入る

入居費用(一時金)が数千前円かかる施設でも問題ないとのことでした。

月額費用については、30万円以内と考えていました。

絞り込んだ施設に当てはめた結果

それでもまだ残る施設は5つと変わらない状況に。

そこで、更に求めるこだわりを広げることにしたんです。

  • 駅まで徒歩でいける距離にあるホーム
  • 近くにスーパーやコンビニがあること
お風呂にゆったり入る

この2つのこだわりを追加した結果

3つまでに絞り込むことができました。

実際に見学に行きました。

施設の雰囲気やスタッフの対応、居室や共同スペース、入居者の様子などを確認。

一時金1000万円で、月額約20万円で条件とした項目をすべてクリア!!

  • 施設内には大浴場
  • シアタールーム
  • 趣味であるゴルフ練習場にも近い

より快適に過ごせる住宅型老人ホームに決めました。

事例2

ご主人様に先立たれたBさん。

子供家族が住むところから離れた地域に住んでいたため不安に・・・

子供家族の住む地域へ引っ越すことをきっかけに探し始めました。

自立での生活を送れているため、住み心地&サービス(食事やアクティビティ)&近隣環境についてから条件を出しました。

  • 子供夫婦の居住地からなるべく近い施設である
  • 交通の便がよく、駅まで徒歩5分またはバスで5分程度
  • 居室に浴室設備がある
  • 居室にキッチンが付いている
  • 掃除洗濯が面倒になったため、代行サービスがある
  • 友達は作りたいが、プライベートも確保できること
    (女性特有のグループで行動などは避けたい)
  • ネイルサロンや美容室が近くにある
  • ゴルフレッスンを受けたいため、ゴルフ練習場が近くにある
  • 近くにスーパーがあること
  • 犬を飼っているため、ペット可である
  • 園芸や庭園がある

この時点で、4つの施設にまで絞ることができました。

次に、費用について考えました。

入居時の費用が1000万円以下で、月額25万円程度の予算でいけるところ
という条件を設定。

2つのサービス付高齢者向け住宅が残りました。

施設見学にいく

見学の予約をされ、本人が実際に見学および体験入居。

2つとも条件をすべて満たしていたため、更に、安心面を考える事に。

2つのうち1つの方は、「介護士が24時間常駐する」ということでした。

費用も敷金が25万円、月額費用約20万円。

趣味であるカラオケも館内カラオケルームがあり、安心感までも得られる施設を見つけることができました。

サブコンテンツ