老人ホーム入居まで3ヶ月しかないなら急ぎましょう

恐らく、このページをご覧になっているほとんどの方は、3カ月以内に行き先を決めなければいけない状況だと思います。

回復のためのリハビリ病院に転院したものの・・・。

家族
「3カ月で退院してください」と促された

現在、介護老人保健施設へ入居しているものの・・・。

利用者
「退所してください」と言われている

リハビリ病院は通常3カ月程度で退院を促されるのが通常です。

介護老人保健施設もいつまでも長期入居ができる施設ではありません。

リハビリ病院も老健も、在宅への復帰を目標とした施設であって、一時的な滞在のための施設だからです。

施設

このような事情に加え、在宅介護が厳しいという事情から、退院まで1か月、退居まで3か月もない状態から、有料老人ホームを探し始める方は多くいると思います。

有料老人ホームへ入居する場合、この1か月、3か月という期間は、とても短い期間となります。

以下、入居までの流れをご覧ください。

  • ①老人ホーム探し(見学)
  • ②入居申し込み(仮申込)
  • ③必要書類の提出(診療情報提供書や健康診断書など)
  • ④面談(入居先の有料老人ホームの施設長やケアマネジャーとの面談)

仮に、スムーズに施設を探せたとします。

しかし、②から④までにかかる期間は、早くでも2~3週間以上となります。

①の「老人ホーム探し」も含めると、入居までの期間は1か月程度かかるのが一般的です。

セツ子
3カ月以内に入居を決めなくてはいけない方

余裕を持って老人ホームを検討する時間はないのです。


必要な項目をチェックミスで施設とトラブル

入居者に適さないホームへ入居


結果的に、焦りから施設を決めてしまうケースはよくあることです。

老人ホーム選びに失敗して、別のホームへと転居する方もいます・・・

こうなると、体力・精神的だけでなく、金銭的にも大きな負担となります。

「急いで的確な老人ホームを選ぶ」というのは、ハードルがかなり高いことなのです。
電話

重要

3カ月以内という限られた時間の中で、「急いで施設を絞り込んで見学に行き、施設を決める」場合には、専門家の無料サポートを効率的に利用することをオススメします。

お急ぎの方が専門家の無料サービスを使う3つのメリット

専門家による無料サポート。

全国各地の多くの施設の中から、体の状況や個々の希望に合わせて老人ホームをピックアップしてくれます。

メリット1「特定の施設の紹介を受けない」

ケアマネ

通常、老人ホーム探しの相談は、ケアマネにすることが多いです。

しかし、ケアマネが紹介できる施設数は限られたものです。

ケアマネが勧める施設です。

ケアマネが所属している事務所が勧めたい施設。

入居者に合った施設とは限りません。

専門家のサービスでは、数千件という高齢者施設のデータからピックアップしてくれます。

数が多いことで、より個々の希望に応じた施設を紹介してもらえます。

メリット2 「老人ホームを知り尽くした専門家のサポートを受けられる」

老人ホーム選びは一筋縄ではいきません。

種類だけで10種類近くあり、施設数は何万件と…

実際には、施設ごとに受け入れ体制やサービスは様々で、種類だけで区分することもできません。

素人が短期間で適格な老人ホームを選ぶ事が難しい状況です。

施設選びを悩む

しかし、専門家のサポートを受けることで、入居者の身体の状況や認知症の有無など、個々の条件などから、本人や家族が求めている施設を探し出すことが簡単にできます。

メリット3  「入居後のトラブルが回避できる」

専門家がついていることで、急いでいる状況でも、チェックポイントや注意点を事前に確認することができます。

重要

急いでいる場合には、自分ひとりで一から探して見学の手配までするよりも、専門家のサポートを受け、入居者にあった施設を紹介してもらうほうが効率的です。

そのうえで、実際に見学をして、「納得のいくホームなら最終的に契約」すれば良いのです。

庭

あくまでも専門家にサポートをしてもらうという感覚で。

自分たちに合った施設を絞り込む手伝いをしてもらうことができます。

時間のない中で老人ホームを決めなければならない方は、専門家のサポートを受けることをお勧めします。

老人ホームに関する具体的な相談にのってくれる無料相談窓口
サブコンテンツ