「介護の仕事につくならヘルパー2級は欠かせません」

今まで何の資格も持たずに生きてきて、運良く無事にこれましたが、これからだんだん年齢が高くなると職にあぶれる不安が出てきました。

そこで、中高年であっても受け口があるという介護職に興味が湧きまして、ホームヘルパー2級取得を考えるようになりました。

そう考えたきっかけは、インターネットの「ホームヘルパー2級の仕事内容について」サイトを見つけたことが始まりです。

「ホームヘルパー2級の仕事内容について」では、これからホームヘルパー2級の資格を取る人にどんな働き口があり、そこでの仕事内容やトラブルや収入など、知りたい情報をわかりやすく説明してくれているサイトです。

ここでの情報で魅力だったのはホームヘルパー2級を取得しておけば仕事に困らないこと。

介護施設や病院や訪問介護やリハビリセンターと何処でも介護する人間は求められています。

そういえば、近所でもリハビリセンターが新しく建てられて、早速スタッフを募集していました。

病院でも、介護の人を求める張り紙をよく見かけますし現在老人の数は増える一方ですから、確かに働き場所に困ることは無いようだと納得です。

ホームヘルパー2級を取得して施設や病院で働くと仕事内容は、おむつ交換と食事介助、お風呂介助とまるで大きな赤ちゃんのお世話と同じとは、まさにぴったりの表現です。

そして訪問介護でホームヘルパーとして働くにはホームヘルパー2級は必ず持っておく必要がある資格です。

厳密に言うと施設や病院では必ずしも、ホームヘルパー2級を持っていなくても仕事はできますが、訪問介護の場合はダメです、ホームヘルパー2級の資格を取得していないと仕事はできない決まりになっています。

仕事内容としては、大きな施設から利用者さんの自宅に介護する場所が移っただけで、やはりおむつ交換や食事介助、お風呂介助の作業を決められた時間内にやるだけです。

確かにしんどい仕事ではあるでしょうが、仕事内容は決してむつかしくなく、むしろ誰でもやる気になればできる仕事で、何より人の役に立つ仕事なことは間違いありません。

今後家族が倒れるときにもホームヘルパーの知識は十分役立ちますし、取っておいて損は無い資格の一つでしょう。

介護の仕事につくならヘルパー2級は欠かせません

「介護の仕事につくならヘルパー2級は欠かせません」

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ