デイサービスのレクとアクティビティ

デイサービスブログに感動する

介護施設に関しては、あまり知識が無いので、自分なりに情報を集めようと最近考えてしまいました。

それというのも、両親が年老いてきて、特に父のほうが痴呆の疑いがあり、面倒を見る母の苦労を少しでも軽減させるためです。

介護施設に入院とまでは、考えておらず、一週間に二回か三回くらいのデイサービスを利用できればかなり助かるのですが。

デイサービスは朝、施設のワゴン車でお迎えが来てくれて、施設内のお風呂に入れてくれて、お昼ご飯を食べさせてくれる、帰りは再びワゴン車で自宅まで送ってくれる、ここまでは理解できています。

わからないのは、介護施設内で利用者は何をしてすごしているのかでした。

施設内このことがよく分かる

もし、父をデイサービスに連れて行ったとして、そこでほったらかしにされるなどであったら、可哀想ですし、第一誰も相手をしてくれないデイサービスなら、痴呆が進んでしまう、そんなことも心配です。

でも、「デイサービスのレクとアクティビティ」ブログを見てそんな心配は必要なかったな、と確信しました。

ここのブログはとあるデイサービス施設が利用者と協力して壁に貼る季節の飾りを作ったり、遊び道具を作る過程をアップしていました。

作品のひとつひとつは、デイサービス利用者でも出来るよう簡単に作れるよう工夫されていて、それでいて作品の仕上がりはかなりの出来です。

これなら、家で飾ってみてもいいなあ、と思えた作品もいくつかありました。

そのひとつが落ち葉のリース。

色つきの画用紙を用意してイチョウや紅葉の形に切り、ティッシュを用意して丸めてガーゼにくるんで輪ゴムで止めます。

ボンボンさんの形にしたガーゼに絵の具をつけてイチョウや紅葉の葉にぽんぽんと押して色づけしていき、まだらに紅葉している紅葉に見せるのです。

厚紙でリース型を作り、リースのあちらこちらにイチョウや紅葉を糊付けしていきます。

仕上げにはやはり厚紙で作ったリスさんをリースの真ん中につけて可愛らしい秋のリースの出来上がりです。

父がお世話になるデイサービスがこのような場所であれば、ありがたくて涙物なのですが。

ともかく、このようなデイサービスを探してみます。

良い見本をありがとうございました。

デイサービスのレクとアクティビティ

デイサービスのレクとアクティビティ2015-01-20 14.08.11

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ