回想列車 ラベンダー号

回想列車ラベンダー号は素敵なデイサービスセンター

先日偶然見つけた素敵なホームページをご紹介します。

その名は「回想列車 ラベンダー号」。

名前を聞くと、電車オタクのホームページかな、と思ってしまいそうですが、実は横浜 港南台にある「デイサービス ラベンダーの丘」での出来事を紹介するホームページです。

デイサービスとは、日常生活がいささか不自由になったお年寄りが集う場所です。

そこに行く目的は、お風呂に入れてくれたり、お昼ご飯を出してくれたりして、日常生活の不自由さを助け、お手伝いする場所なのです。

デイサービスは、朝からお昼過ぎまでの時間、行っています。

入浴とお昼ご飯以外の大きな目的は、利用者さんを楽しませることです。

ゲームをしたり、一緒に物を作ったり、カラオケをしたりして常に利用者さんに喜んでもらうイベントを行う場所でもあります。

話にはよく聞きますが、具体的に何をするのかは、まだ家族が健康な家庭では知りえません。

でも、「回想列車 ラベンダー号」にはそんな情報が満載載っています。

季節を感じられる遊びに共感

デイサービスは季節で考えた遊びを取り入れます。

7月にはプラスチックの骨組みに和紙を貼り付けたうちわを製作し、8月にはスイカ割りを行い10月にはバーベキュー大会を行い12月にはクリスマスのオーナメント作りとお年寄りにも季節を感じさせたいという考えなのでしょう。

その他、スタッフさんがクイズを出題して、利用者さんが答えるとか、タオルを使って体操するとか、新聞をワッカにして輪投げするとか、時にはおやつを利用者さん自らが作ってお出ししたりもしています。

そして時には、スタッフさんと利用者さんでマージャンしたりもしています。

マージャンが趣味であれば、リハビリとして大いに役立つので、定期的に行われています。

他の作業をしているときは笑顔でおやりになりますが、マージャンをしているときの顔は実に真剣そのもの。

やはり真剣に考えようとする力が好きなゲームにはあるんですね。

「回想列車 ラベンダー号」を読んでいると、自分ももう少し年を取ったらデイサービスへ行くのもいいかなあ、と思えました。

だって、画像に出てくる利用者さんは、笑顔の方ばかりですし、リラックスして過ごしているのが伺えます。

回想列車 ラベンダー号

スクリーンショット 2015-01-21 14.40.35

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ