プロフィールと運営者情報

私はセツ子。

pointpause

15年間介護士をしならがら、ケアマネージャーの資格を取得。

その後、10年ケアマネとしてたくさんの相談を受けてきました。

ケアマネの仕事をすればその人にあった条件の施設、プランを紹介することができる!!と思っていたのですが・・・。

実際にケアマネになってみると仕事が多く、日課をこなすことで手一杯。

一人で何十件もの相談を受けなくてはならず、丁寧に気持ちに寄り添いながら相談を受けることができなくなりました。

毎日、残業しても終わらない。
デスクには重なっていく書類の数・・・。

どうしたらいいのか?

先輩に相談すると、

「いろいろなケースがあるから、その場しのぎの対応をしていくしかない。施設に入れば施設所属のケアマネがどうにかしていく」

「難しい案件は、ほかに相談してと投げるしかない」

これが現実・・・。

「こんな先輩にはなりたくない」と思いました。

決められた施設を紹介するルールがある

ケアマネ事務所には、新しく老人ホームができると施設の営業マンが挨拶にくるんです。

上司から「この老人ホームを推していこう」と通達があり、施設おすすめリストとして登録!!

施設の内容や条件よりも、事務所が進める施設を推薦しなくてはならない状況。

「これでいいのか?」
と葛藤の日々。

ケアマネとは、介護サービス提供事業所に所属している営業マンにすぎないのです。

いつの間にか私も、「こんな先輩にはなりたくない」と思った先輩と同じ様に、後輩にアドバイスをするようになっていました。

親の施設選びで感じたこと

親が突然骨折をしたため急遽、老人ホーム選びをすることになりました。

そこで見た現実。

まず担当のケアマネージャーに、できるだけ早く老人ホームに入居したいことを伝えました。

私の経歴を知らないケアマネは、感じ良く親身に相談にのってくれましたが、実際には、条件とかけ離れた施設を勧められてしまったのです。

突っ込んだ話をしてもなんとなくスーッと流されてしまい明確な答えが返ってきません。

そうです。
私と同じ彼女も営業マンだったのです・・・。

ネットで情報を集める

仕方なく私は、ネットで探しました。

ネットには、情報はたくさん溢れかえっています。

komattapouzu

プロである私がネットで調べても、複雑すぎて何が書いてあるかわからない。

サイトによって書いていることが違い、戸惑います。

名称も地域によって違いがあり・・・。

地域包括支援センターのことを地域によってそれぞれ名称を変えているところもあるんです。
(シニアサポートセンター or 健やか安心サポートセンターなどなど)

パンフレットを取り寄せてみると・・・

とても綺麗な外観。写真の設備も整っている。

ここなら母も安心して生活できるかも!!

しかし、実際に行ってみると全く別物。

表紙の写真は20年前のものだったり、介護士の人数やサービス内容も大きく変わっていました。

この見学はケアマネからの紹介ではなかったので、露骨に嫌な顔をされてしまいました。

忙しいから営業マンにならざるおえない
仕事に戻ればまた繰り返される業務。

自分がやるべきことはなんなのか?

今の仕事は、人のためになっているのか?

ケアマネとして介護士として学んだ知識、経験を生かしているだろうか?

自分の居場所はここではないと思いと決意!!

10年間勤めたケアマネをやめました。

今は、どこにも所属していない

言いたいことが言える元ケアマネです!

サイトをつくる決意

あまりにも不透明でわからないことが多すぎる介護の世界。

自分の経験、知識を、皆と共有できる場はどこにあるのかと模索。

たどり着いたのがネットの世界。

困っている人の役に立ちたい。

『わかりやすい』をテーマに老人ホーム選びのサイトつくる決意。

間違った考え方、誤った選択の仕方をしている方のお手伝いができるのは、元ケアマネとして働いてきた私しかいません。

私、セツ子がマビゲーターになり、今まで言いたかったこと、伝えて行くべきことを皆さんにどんどんお伝えいたします。

わからないことをわかりやすく!

ぜひ参考にしてください。

介護の部屋 運営者

母が怪我をしたことにより老人ホームを探し始めました。

似たような単語、とてもわかりにくい介護の名称などが多くとても戸惑いました。

またネットには嘘の情報が溢れかえっていることを知り、危機感を感じました。

そこで、私は介護に携わるあらゆる分野の友達に相談し、老人ホームを選ぶ上で何が大事なのかを知ることができました。

大切な人が実際に生活をしていく場です。

後悔してほしくない!

その想いから、正しい知識を皆さんと共有していきたいと考えました。

そして出来上がったサイトが『介護の部屋』です。

このサイトによって、楽しい有意義な老後を過ごしていただけますよう心から願っています!

スクリーンショット 2016-04-25 16.36.21

サブコンテンツ