老人ホームを選ぶときにサービスの種類を知っておく

セツ子
一口に老人ホームと言っても、施設によってサービスの内容は多種多様よ。
本人のニーズに合った施設を選ぶことが、施設選びで成功するポイントになるわ!
自立さん
施設によってそんなに内容が違うの?

セツ子
例えば食事。食事内容が選べるところもあれば、決まった食事しか出せない所もあるわ。
入居者が楽しみにしているイベントが頻繁な所もあれば、全くないところもあるの!
自立さん
サービス内容が真逆の施設も多いのね。施設ごとに違いがあるのはサービスだけなのかしら?
セツ子
部屋のタイプや雰囲気、アクティビティ、生活においてのサービスなど、ほとんどの面で施設ごとに差があると思っていいわ!
老人ホーム選びでは、どんなサービスを受けられる施設に入居したいかが重要なポイントよ!
自立さん
老人ホー選びでは施設のサービス面をよく調べて情報を集めておく必要があるのね。
セツ子
その通り!入居後の不満をなくすためには、各施設の情報を集めてサービス内容をしっかり比較するべきよ!

老人ホームのサービスとは?

老人ホームで受けられるサービスは大きく分けて3つあります。

1つ目は生活支援サービス

入所者が自分の力で生活していくために、様々な手助けを行うものです。

毎日の買い物や行政手続きなどの代行、掃除や洗濯、入院時の居室や郵便物の管理、外出時のサポートなど、高齢者1人ではこなすことの難しい日常生活をサポートしてもらえます。

その他には、高齢者に万が一のことがあった時にいち早く対応するための安否確認サービスなどがあります。

2つ目はアクティビティ

毎日施設内にいるだけでは、つまらなくなっていしまいます。

老人ホームでは、花見やクリスマスといった季節ごとのイベント行事、定期的に開催される映画鑑賞、講師を呼んでのサークル活動、散歩といった多彩なアクティビティが用意されています。

施設によっては、エステサロンやカラオケ、プールといったアクティビティを楽しめることも。

3つ目は食事サービス

毎日のことですから、食事メニューや対応についてしっかり確認しておきましょう。

  • 介護度や体調に合わせてメニューの選択はできるのか。
  • 施設内に調理施設があるかどうか。
  • 衛生管理は徹底されているか。

また、お酒が大好きだという場合には、アルコール飲料が楽しめるどうかも調べておくといいでしょう。

★それぞれ下層ページへのリンク

親が入りたくなる、自分が入りたいと思えるホーム選び老人ホームのサービスは、施設によって大きな差があります。

温泉やエステサロンがあったり、施設内でフレンチ料理のフルコースを楽しむことができる老人ホームとは思えないようなワンランク上のサービス施設まであるのです。

老人ホームは、単に日常をサポートをするだけの場所ではありません。

各施設が、多種多様なサービスを実施しています。

楽しい雰囲気の老人ホーム

体の状況や本人の趣味などから、元気に楽しく暮らせる環境や必要なサービスを考えていきましょう。

施設選びのポイントは、本人の立場に立って考えること。

親が入りたくなるのはもちろん、自分が入りたいと思えるような施設を選んでください。

ただし、施設やサービス内容が充実しているところは、それだけ利用料も高額になります。

予算の都合もありますから、全ての要望を叶えることは困難です。

納得のいく老人ホームを選ぶためには、どのようなサービスが必要かどうかをリストアップして優先順位をつけておくことです。

まずは老人ホームのサービスについて情報収集!

そのうえで、必要なサービスを受けられる施設へと絞り込んでいきましょう。

「老人ホームを選ぶときにサービスの種類を知っておく」の記事一覧

生活支援サービスの種類と利用した場合の費用を確認しておく

老人ホームにおける生活支援サービスとは? 自立した生活ができるようにサポートするのが生活支援サービスです。 具体的にどのような内容のサービスが受けられるのか知っておきましょう。 代行サービス 毎日の生活のために買い物は欠・・・

どんなアクティビティがあるかを知って自分に合った老人ホームを選ぶ

老人ホームにはどんなアクティビティがあるの? アクティビティは座ってできるものから、体を動かすものまで様々。 体の自由度に合わせた趣味を楽しむことが可能です。 具体的にどのようなものがあるか知っておきましょう。 外出 外・・・

食事の献立と対応時間は老人ホーム選びの重要なポイント

老人ホームの食事サービスとは? 施設によって食事メニューの対応は様々。 食べられるものが限られている場合や、介護度が高い場合など、細やかな対応が必要な場合、施設選びでは注意が必要です。 どのような項目をチェックすべきか知・・・

サブコンテンツ