高齢者施設の種類と特徴

姉妹(妹)
母の介護施設を考えているのだけど、ネットで調べていたら、

自立なら介護付きより住宅型がよい・・・

シニア向け分譲マンションやサ付きもあるとか…

その他、軽費老人ホーム、ケアハウスなど…

なんだかややこしくてよく分からないのよね。

セツ子
老人ホームを探し始めると、いろいろな施設の種類に困惑する方が多くいるわ。

例えば、住宅型有料老人ホームと介護付有料老人ホーム、これは有料老人ホームという種類としては同じだけど、特徴は異なるのよ。

姉妹(妹)
施設の種類が多すぎて、そもそもどんな施設があるのかすら分からないわ。

料金も似たような感じ、受けられる介護サービスも似たような感じだったりすると、もうお手上げよ。

セツ子
老人ホームには、主に民間事業者が運営しているもの、医療法人や社会福祉法人などが運営しているものがあるのだけど、そんな知識は必要ないのよ。

無駄に知識を付けるよりも、どんな施設があって、簡単な特徴くらいを知っておけば十分よ。

姉妹(妹)
そうかもしれないわ。

違いとか見てもよく分からなかったし、結局はどこの施設があっているのかもわからずで、もう疲れちゃったのよ。

セツ子
それぞれの施設の特徴を「要介護度」「認知症の有無」「医療依存度」「予算」で比較してみたわ。

以下の表で各施設の特徴をつかんでおくといいわ。

  要介護度 認知症
の有無
医療
依存度
予算
介護付
有料老人ホーム
自立~重度 認知症高齢者の入居を積極的に受け入れいている 認知症高齢者の入居を積極的に受け入れいている 中~高
住宅型有料老人ホーム 自立~中度 認知症高齢者の入居が可能 認知症高齢者の入居が可能 中~高
健康型有料老人ホーム 自立 認知症高齢者は受け入れていない 認知症高齢者は受け入れていない
サービス付き高齢者向け住宅 自立~中度 認知症高齢者の入居が可能 認知症高齢者の入居が可能 低~中
グループホーム 要支援2以上 認知症高齢者の入居を積極的に受け入れいている 認知症高齢者の受け入れは程度や施設によって異なる 中~高
ケアハウス(軽費老人ホーム) 自立~重度 認知症高齢者の受け入れは程度や施設によって異なる 認知症高齢者の受け入れは程度や施設によって異なる 低~中
特別養護老人ホーム 要介護3以上 認知症高齢者の入居が可能 認知症高齢者の入居が可能
介護老人保健施設 要介護1以上 認知症高齢者の入居が可能 認知症高齢者の入居を積極的に受け入れいている 低~中
介護療養型医療施設 要介護1以上 認知症高齢者の入居が可能 認知症高齢者の入居を積極的に受け入れいている 低~中
養護老人ホーム 自立~中度 認知症高齢者の受け入れは程度や施設によって異なる 認知症高齢者は受け入れていない 低~中
シニア向け分譲マンションケア付き高齢者住宅 自立 認知症高齢者は受け入れていない 認知症高齢者の受け入れは程度や施設によって異なる


この表は、「要介護度」「認知症の有無」「医療依存度」「予算」で、比較したにすぎません。

実際には、現在の老人ホームや介護施設は、施設ごとに受け入れ体制やサービスが様々で、同種類の施設でも異なります。

パンフレットをみて悩む

例えば、サービス付き高齢者向け住宅でも、ただのマンションと変わらないところもあれば、介護付き老人ホームと同等の医療依存度が高いものもあります。

要介護度1なら、
「介護老人保健施設・ケアハウス・サービス付き高齢者向け住宅・・・」
が対象となる施設、という単純なことではないのです。

つまり、上記表の種類から自分にあった施設を見つけることはできませんし、施設を選ぶ際には、施設の種類というのは大した意味をもちません。

あくまでも介護施設、老人ホームの種類を全体的に把握するための表となります。

参考程度にご覧になってください。

なお、納得のいく老人ホームを選ぶ際には、入居者の体の状況と個々に必要な条件から絞り込んでいくことが重要です。

自立で生活できる方の老人ホームの選び方

要支援の方の老人ホームの選び方

要介護1〜2の方の老人ホームの選び方

要介護3~5の方の老人ホームの選び方

動ける認知症の方の老人ホームの選び方

老人ホーム入居まで3ヶ月しかないなら急ぎましょう

サブコンテンツ