介護職は激務!? 知られていない夜勤の仕事とは

介護の世界は、しんどいこともいっぱいあります。

どの仕事においてもそうですが・・・。

介護というのは

肉体労働であり精神労働である

という両局面の方向性を持つが故に、普通の仕事よりもしんどいとも言えます。

その中でも特にしんどいのが、その働き方です。

日勤・早番・遅番・夜勤

CIMG0227

介護のパートで働くという人は、比較的自由にシフトを組んでいることが多いです。

どのも人手不足なため、安い賃金で働いてくれるパートさんには、代わりに時間の融通を利かせてくれることが多いのです。

しかし、正社員になるとそうも言ってはいられません

変則的なシフトを組まれることになります。

その中でも多いパターンは、日勤、早番、遅番、夜勤の4つのシフトで仕事を行うということです。

  • 日勤・・・昼間の通常の仕事になります。
  • 早番・・・早い時間に働いて、清掃や夜勤帯のフォローをすることになります。
  • 遅番・・・遅い持間に出て、夜勤のサポートなどをします。
  • 夜勤・・・夜の間の勤務です。少数で長時間拘束される働き方をされるため、かなりきついものです。

中には人件費削減のために、遅番をなくす施設もあるようです。

また、日勤専門で出るパートさんや、夜勤専門でがっつり稼ぐ夜勤専属スタッフといったように、働き方は様々あります。

1番しんどい夜勤

夜勤と言うのは、介護の中でも特別な存在なのではないでしょうか。

私の職場は、10時間から18時間の拘束時間。

夜の間、ずっと一人で担当しています。
(もちろん施設によっても違いがあります)

この夜勤の仕事は、単純に拘束時間が長いというだけで辛いものがあります。

しかも、ただ、拘束時間が長いだけではありません。

利用者の人を全て見なくてはいけません。

中にはナースコールを押しまくる人もいます。

処置があったり、体温やバイタルを測らなくてはいけない人もいたり・・。

夜中眠れずに徘徊するような人もいます。

特に認知症がすすんでいるような利用者がいると、徘徊の末に転んだりしてしまうことがあります。

高齢者の転倒と言うものは、非常に危険です。

二度と歩けなくなる可能性もあります。

そうしたリスクと隣り合わせで、しっかりとした見守りをしていかなくてはいけないのです。

これは慣れていないと、事故を起こしがちです。

特に些細な音に注意しておかないと、勝手に転んだりすることになりかねません。

夜勤中はずっと気を引き締めておく必要があるのです。

そして、朝になるともう大変です。

朝になると、時間との戦いになります。

  • 朝食を作る
  • 利用者の身辺整理
  • パジャマからの更衣着脱を手伝い
  • 食事介護

様々なことを一人でやらなくてはいけません。

そうした中で、食前薬がある人には、

食前薬を投与

入れ歯がある人には、

入れ歯を入れる手伝いをします。

様々なことを一気にやらなければいけません

これは早番の人が手伝ってくれる施設もありますが、多くの施設の場合、それを一人で行わなければいけません。

目まぐるしく仕事をしなければいけないので、かなり大変です。

介護の仕事は大変です。

CIMG0228

多くの施設の場合、シフトがばらばらなので、土日に休みが取れず友達と時間が合わないということも考えられます。

単純に生活リズムが狂ってきて、健康を崩してしまうこともあります。

また、腰を使う仕事が多いので、腰を痛めてしまうこともあります。

そうしたリスクと隣り合わせな仕事なのです。

それ以上に、「ありがとう」と直接的に感謝される仕事でもあるので、やりがいはあります。

どんな仕事でも辛い部分はあります。大変な仕事もあります。

しかし、それを乗り越えた時、仕事に関しての充実感を得ることができるはずです。

2015-03-14 09.48.49

大変ですが「ありがとう」の言葉と笑顔が励みでやめられない!!と同僚と今日も話している日々です。

介護に携わっている人はみんな同じ気持ちだと思いますよ。

今日も行ってきます!!

資格を活かして好条件で転職するなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑

3 Responses to “介護職は激務!? 知られていない夜勤の仕事とは”

  1. 太郎 より:

    確かに大変な仕事です。夜間などは複数で働くシステムに絶対にすべきです。ではどすれば良いか。ボランテアを募ることはできないのでしょうか。ただの、ボランテアではなく、1時間働いたら点数1点で点数がたまると自分が施設入所時に点数を利用して安くできるとか。そんな方法もあるかと思います。県や国が思い腰をあげないとできませんが。

  2. ばいまん より:

    介護職やっててて土日に休みがとれないとかいうことがおかしい、医療介護福祉ってことになってるが介護や福祉はサービス業だ土日だから祝日だのGW、盆、年末年始もないっていってるようじゃだめじゃにですか?

    • 脱博愛精神 より:

      福祉は確かにサービス業。でも、過酷な状況だし時には祝日、土日などに休みがあっても良い。実際シフト調整はできるはずです。
      また福祉の仕事に本当にやりがいを感じる部分はどこでしょうか?「ありがとう」の言葉?んなもん毎日挨拶のようにいつしか言われる言葉にうれしさをそのつど感じるでしょうか?もう挨拶化してる言葉です。
      仕事の内容に対してやりがい、達成感等は他業種に比べて少ない仕事というのが本音です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ