健康管理のエキスパート!!かかりつけ医の見つけ方とは

歳を重ねていくと、身体に色々な障がいが出現する事が少なくありません

毎日お薬を飲んだり、定期的に病院に通ったり…。
時には少し体調を崩して受診したり。
また、心配な事があれば病院で診てもらったり…。

私たちの老人ホームでも、病院に通う方は多くいらっしゃいます。

施設に入るという点でご本人もご家族も心配な事の一つに、病院との関わりがあると思います。

近年、「かかりつけ医を持ちましょう」という文字を目にすることが多くなってきました。

皆さんも一度は目にしたことがありませんか?

かかりつけ医と老人ホームの関係㈰

かかりつけ医って?

かかりつけ医とは、日常のことから健康面に関してまで、何でも気軽に相談できる健康管理のエキスパートです。

家庭の日常的な診療だけでなく、健康管理をしてくれる身近な医師を「かかりつけ医」と呼びます。

今は元気!

病院なんて無縁!と思っている人も、将来の健康を守るためにもかかりつけ医を持っておく事が必要だと言われています。

かかりつけ医の働きは、今はどんな病気にかかっているか、また、今までどんな病気にかかったかなど患者さんの状況を把握しています。

いざ何かあった時に、適切な判断と最適な診療を行ってくれます。

また、精密検査が必要だった時、専門的な手術を必要とする時も、医師ネットワークを活用して適切な病院を紹介してくれます。

総合病院と異なり、待ち時間が少なく、また、受診により異なる医師ではなくいつも同じ医師が見てくれますので、安心できます。(状況により、例外もありますが)

また、総合病院と比べ、様々な手続きも簡単に済ませることが出来ます。

私たちの施設に入所する方にも、このようにかかりつけ医があるかを確認します。

もしかかりつけ医がない場合は、オススメしていますが強制ではありません。

かかりつけ医と老人ホームの関係㈪

かかりつけ医の役割

大きな病気を防ぐという目的でも、普段からご自分の健康管理や生活改善について、気軽に相談してみましょう。

また、ご家族に関するご相談ものってくれますよ。

高齢者の方のかかりつけ医の役割は、寝たきりにならないためにどのようにしていくべきか、また健康指導や健康管理をしてくれます。

仮に寝たきりになった場合でも、介護保険を申請する際に「意見書」を書いてくれます。

これはケアマネージャーさんを通じて訪問介護などのお手伝いをしてくれます。

病院の選び方と利点

かかりつけ医と老人ホームの関係㈫

●選び方

・病気に関する事、治療の内容、処方されているお薬など、患者にわかりやすい言葉で丁寧に説明してくれる病院であること。
・自宅、または老人ホームなどの入居先の近くにあり、評判がいい。
・紹介状や書類などの記載を快く応じてくれる。
・必要に応じて専門の病院や医師を快く紹介してくれる。
・分からないことに対して、こちらが納得するまで丁寧に説明してくれる。

そして何より医師との相性が一番大切です。

いくら評判がいいとは言え、本人が不快な思いをしているのであれば無理してかかりつけ医にする必要はありません

その場合、何を最優先にするか…場所なのか、病院の設備なのか、評判なのか、よく考える必要があります。

●メリット

・ご自分の病気、健康状態、過去に患った病気などを把握しているので、いざという時に迅速に対応してくれる。
・検査や入院、治療が必要になった場合、適切な病院及び診療科を紹介してもらえる。
・病気だけでなく、健康のために食事や運動など、健康管理に必要なアドバイスを受けることができる。
・各種手続きが簡単なので待ち時間が少なく済む。
・予約が必要な検査など、すぐに対応してもらえる事が多い。

私たちの施設でも、入所者さんが何かあった時にすぐ病院で対応してもらえるよう、かかりつけ医を頼りにしています。

そして入所者さん皆さんが健康に歳を重ねていけるよう、配慮しています。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ