何が違うの??有料老人ホームと介護付き有料老人ホームの違い

Rk0bHdRGyL以前は有料老人ホームというよりは、高齢者用のマンションみたいでした。

特に介護スタッフは居なくて、管理人さんがいるだけでしたね。

自由に出入りも出来たし、自家用車を所有している人も居ました。

本来、それが理想なのですけどね。

本当に極普通のマンションで、違うところは非常用のナースコールが付いていること。

そして、バリアフリーで手すりが付いていること、くらいでしょうか。

介護が必要になるとホームヘルパーを利用したり、その施設によっては介護が必要になったら、そのマンションを出なくてはいけなかったりと、良い様な悪い様な中途半端な所が多かったような気がします。

企業が福祉の分野に参入してくるようになってからは、やたらに有料老人ホームが増えてしまった気がしますね。

老人ホームにも色んな形のホームがありますが、最も共通しているのは「終の棲家」ということでしょうか。

「有料老人ホーム」と「介護付き老人ホーム」の違いは?

有料老人ホームは、ちょっとした高級ホテルやリゾートみたいな感じです。

この老人ホームは、高齢者用のマンションと似ていますが、一応介護スタッフや看護師がいるという事でしょう。

ただ、あくまでも生活する自宅の感覚なので、介護が必要な時には訪問介護や訪問看護を使用するという点ですね。

一方、介護付き有料老人ホームの場合は、特別養護老人ホームより若干高級感があり、ラウンジやカフェなどの設備があることが違うところでしょう。

基本的に、介護職員や看護師の行う仕事内容は特別養護老人ホームと変わりはありません。

こちらの施設は「介護付き」というだけに、介護スタッフも有料老人ホームより多く、しかし、夜勤のスタッフは少人数であるという事があります。

両者の共通点は、主に企業が経営していることで、元々ある老人ホームの施設より高級感があり、若干料金が高いこと。

そして、入居されている人は「お客様」であるということ、です。

どちらの施設が良いのかは、個人差もあるでしょうし、考え方も違うでしょうから一概にどちらが良いかは言えませんね。

(介護付き)有料老人ホームのメリットは?

養護老人ホームや特別養護老人ホームとは異なり、プライベートが保証されている点ではないでしょうか。

一部、食事や入浴などの時間の規制はあったとしても、個浴が用意されていて、ある程度の融通はききます。

また、昼間はスタッフが多く居ることから、何かあれば直ぐに人が呼べる安心感があります。

自宅にいるような感覚で生活できる事もありますね。

夫婦で入居されている方もいますし、単身の方もいますが、娯楽が充実していることから、退屈や友人が出来ないという事はないでしょう。

困ったことや悩み事も真摯にスタッフが受け止め、速やかに解決してくれる利点は無視出来ません。

夜間もスタッフは巡回しますので、安心して休むことが出来るでしょう。

そういう意味では、他のホームに比べれば、安心・安全が保証されて、居心地も悪くはないでしょう。

(介護付き)有料老人ホームのデメリットは?

入居者さんにとってのデメリットは余りないと思われます。

一人で自由に出歩いたり、買い物に行けないのは少し不便かもしれません。

入居者さんにデメリットが少ないという事は、スタッフに負担が大きいという事です。

限られたスタッフで全員に目を配ることは、実際には不可能です。

特に、居室にいらっしゃる時は何があっても合図や巡回しない限り、転倒していても分からないこともあります。

ナースコールが近くにあれば良いですが、無い場合は発見が遅れる事がありますね。

どちらにせよ、どの施設でも少々の危険と背中合わせな所はあるので、完全な形での生活は難しいのが現状でしょう。

夜勤者も人数はかなり少なく配置されます。

勿論、巡回はしますが、100名の施設で3名程度でしょう。

これは、普通の施設に比べてかなり少ないです。

しかも、看護師は居ませんから、何かしら問題があった場合は、即救急搬送になります。

後悔のない施設選びをお勧めします

有料老人ホームの介護付き有無に関係なく、自宅に居るのとは違うということです。

施設は、あくまでも施設であり、集団行動が必ずついているという点では、他の施設と同じですね。

しかし、より自由な時間が多くあるのも事実です。

企業が経営している施設であるということは、企業としての看板がある限り、入居者さんに対して、不愉快な思いをさせる事はなるべく避けたいでしょうから、それなりの設備と対応は期待が持てるということでしょう。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ