元気な高齢者に人気の健康型有料老人ホーム

一口に老人ホームと言いますが、自立した生活を送ることができる高齢者が入ることができる、活気あふれる施設もあります。

それが、健康型有料老人ホームという施設です。

基本的に介護が必要じゃない高齢者が生活する場所なので、自分でできることは何でも入居者自身で行います。

一人暮らしをしていると何かあった時に不安ですし、1人で家事をするのはけっこうな負担だったりします。

ですが健康型有料老人ホームに入ることで、それらを解消することが出来ます。

【画像1】

健康型有料老人ホームのメリットとは

何と言っても、施設っぽくないところですね。

雰囲気としては、自宅の延長のような感じです。

施設によっては、かなり豪華な造りのところもあって、入居して喜ばれる方が多いです。

あくまでも、生活の場ですから他の老人ホームより居室が広く、生活に重点が置かれています。

また、共用スペースも充実していて友達もできやすく、一人暮らしをしていた高齢者も生活を楽しめるようになります。

さらには、入居している高齢者はみんな自立した生活が送れますので、家事を分担して行うことが出来、個々の時間を有効に使うことができます。

そして、生活を支援してくれるスタッフが常駐していますので、安心して生活ができます。

健康型有料老人ホームのデメリットとは

では、デメリットは何でしょうか?

大きなデメリットが2つあって、1つは健康型有料老人ホームの数がとても少ないので、入りたくても探しづらいということです。

全国的に見ても、とても少ないです。

2つ目は、要介護になってしまった場合に退去しなければならない、ということです。

入居するときには、健康な自立した状態であっても、時間の経過とともに健康状態が悪くなっていくことはあるものです。

高齢者の場合、介護が必要になってしまうケースが多いです。

健康型有料老人ホームが受け入れているのは要支援までですので、要介護状態になると契約を介助して出て行かないといけません

次の老人ホームを探すのは、とても労力と時間がかかりますし、場合によっては待機期間が長くなってしまうこともありえます。

【画像2】

先のことまで考えて入居を検討する

最近では、健康型有料老人ホームに入居中の高齢者が要介護になってしまった時のために、介護が可能な施設と提携しているケースもあります。

だから、そういったところなら要介護になった場合は、提携先に転居すれば大丈夫です。

ただ、老人ホームに入居するときには、入居一時金(初期費用)を支払って入ります。

その金額はけっこう大きなものですが、多くの場合、そのお金は契約を解除しても戻ってきません。

老人ホームに入居を考えるときには、何を優先にするかをしっかり考えねばなりません。

ずっと先のことまで考えて検討すべきじゃないかと思います。

今が全てではないということです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ