後悔しないために2つの介護付老人ホームの違いを知ること

そもそも介護付き有料老人ホームとは

老人ホームにはいろんな種類があって、知識が何もないときには「なんで、こんなに種類があるんだ?」って思いますよね。
でも、それぞれについてじっくり見ていくと、そこには様々な基準や入居条件があって、区別されている理由がわかってきます。

ここでは、そんな老人ホームのうち、介護付き有料老人ホームについてご紹介します。
そもそも、介護付き有料老人ホームとはどういうホームかといいますと、各都道府県が定めた特定施設入居者生活介護に関する基準を満たした施設のことです。

【画像1】

特定施設入居者生活介護というのは、都道府県が定めた様々な条件を満たして基準をクリアしていれば、介護サービスを提供できる事業者として認めらます。
つまり、介護付き有料老人ホームは都道府県のお墨付きの老人ホームと言えます。

提供している介護サービスは2種類ある

介護付き有料老人ホームにはケアマネージャーが常駐していますが、そのケアプランにしたがってどのようにサービスを行っていくのか、という点で2種類のサービスを提供しています。

1つは一般型(包括型)と呼ばれていて、設計されたケアプランにしたがって、施設の介護スタッフがサービスを提供するものです。

もう1つは、外部サービス利用型と呼ばれており、そのケアプランにしたがったサービスを実際に提供することを外部の事業者に委託するものです。
こちらの場合は、施設では安否の確認や見守りなどを行うに留まります。

一般型(包括型)のメリット・デメリット

一般型(包括型)のメリットは、何と言っても都道府県の認めた事業者による介護サービスを、24時間体制で提供してもらえる点です。
その安心感が入居者にも家族にも喜ばれます。

その上、入居中に今までより必要な介護が増えたとしても、退居することなくそのホームでサービスを受けられます。
また、入居やサービスにかかる料金が一定で決まってますので、経済的な不安というものがほとんどありません。

【画像2】

一方、デメリットですが、介護スタッフの人数が基準をギリギリに満たす人数である場合もあり、そうなるとサービスが毎日毎日同じことの繰り返し、ということになってしまいます。

また、介護保険を使って入居施設じゃない外部のサービスを受けたり、訪問介護を受けたりということが出来ません。
外部のサービスを受けたいときは、その全額を負担すれば受けることも可能なのですが、ほとんどの方は、そこまでして受けなくてもいい、とおっしゃいます。
この辺りは、なかなか難しいところだなと、いつも感じます。

外部サービス利用型のメリット・デメリット

外部サービス利用型のメリットは、介護を受けながら生活しながら、外部のサービスを介護保険を使って利用できる点です。
だから、生活がマンネリになってしまうことは少なく、希望にあったサービスを受けられるので、喜ばれる方がとても多いです。

デメリットは、提供される介護サービスごとに支払いを行うので、経済的な負担が大きくなることがあることです。
介護保険の限度額を越えてしまって、自己負担額が増えてしまうんですね。
また、ホームのスタッフが介護するのは急を要する場合だけなので、ちょっとしたことを頼もうとしても、なんだか気が引ける、という方が多いです。

どちらにも、メリットとデメリットがあるので、入居前にその内容をよく吟味することが必要です。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ