老人ホーム寝たきりじゃないと入れること出来ないの?

ご家庭で介護をなさるって本当に大変ですよね。

生活があるのでお仕事もしなければいけないし…。

親は高齢だけど自分で身の回りのことは出来ている。

だけど、この頃呆けて来ているから、日中一人にしておくのは心配。

老人ホームって沢山あるけど、やっぱり寝たきりじゃないと入れることって出来ないのでしょうか?

もしそれだったら、私、働くことが出来ないわ…。と、絶望的になってしまいますよね。

こんな時に利用の選択肢に入るのが老人ホーム。

3記事目。近くの施設

でも、一口に老人ホームって言っても今はとても沢山の種類の施設があって、何がなんだか分かんないですよねぇ。

まず、老人ホームについて少し詳しく説明してみましょう。

難しい言葉が並びますが大事なことです。頭に入れておくと相談するときに役立つはず・・・・!!

有料老人ホーム

(介護付有料老人ホーム、健康型有料老人ホーム、住宅方有料老人ホームなど)
介護付有料老人ホーム:包括的な介護サービスが提供されます。専用型・混在型・混合型というような様々なタイプがあります。
健康型有料老人ホーム:健康な方が入居します。介護保険において、「要介護」になると退去しなければいけません。
住宅型有料老人ホーム:介護保険において、「要介護」になると在宅介護サービスを利用しながら生活していきます。

高齢者向け住宅

(サービス付高齢者住宅、シニア向け分譲マンション、高齢者向け有料賃貸住宅、高齢者専用賃貸住宅など)
施設自体が高齢者向けに作られており、生活支援や介護サービスがあります。

法律の規定上、有料老人ホーム・サービス付高齢者向け住宅・その他福祉施設等に分類されないものを総称しているようです。

軽費老人ホーム

(ケアハウス、経費老人ホームなど)
日常生活動作が比較的自立している方が入居する老人ホームです。

身の回りのことは大体出来ますが、一人で暮らしていくことが心配な方が入居します。

地域密着型施設

(グループホームなど)
認知症と診断された方が共同生活を送る施設です。

介護保険施設

(介護老人保健施設、介護療養型医療施設、特別養護老人ホームなど)
介護老人保健施設は比較的寝たきりの方は少ない傾向にあります。

特別養護老人ホームは入所を判定する会議で、入居優先順位を決める際に介護度が重度の方を入居対象として優先しなければいけません。

必然的に入所期間も長くなりますし、介護度が高い方が多いので、結論として寝たきりの方が多いです。

このように沢山の種類に分かれているのですが、一口に老人ホームと称します。

寝たきりの方が多いのは特別養護老人ホームです。

しかし、特別養護老人ホームも寝たきりの方ばかりではなく、車椅子で生活なさる方もいらっしゃいますし、普通にご自身で歩かれる方もいらっしゃいます。

これに対し、多少病院に通ってお薬はもらっているものの、自分で生活が出来る、でも自分ひとりで生活するのは心配だという高齢者が入所する施設もあります。

このように、高齢の方が一人で生活していくのが心配という人も、いわゆる老人ホームに入居することが可能なんですよ。

どこも悪くないのに、一人で生活するのは心配で家にこもりがち。

3記事目。猫の写真

でもどんどん気持ちが沈んでいって、動くのも億劫になってしまうような方だって、他の方と生活していけば気分的にも明るくなり、ご本人らしい生活が送れると判断されればご自身で歩かれる方だって入居できる施設は紹介していただけます。

まず、介護を受けられる方、受けたい方がどのような状況なのかという事を一度地域包括センターの職員さんにご相談されるといいですね。ケアマネージャーさんがいますので、色々とお話が出来ると思います。

他には市町村の保健センターも同じようにケアマネージャーさんがいらっしゃいますので、気軽にご相談できます。

そして、ご本人に合った施設を紹介してくださいますので、寝たきりじゃなくても諦めなくて大丈夫ですよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ