要支援・要介護の仕組みわからない!利用できるサービスとは?

介護保険を使用したサービスで、要介護2の場合は1日、1回程度の介護サービスを利用することができるとされています。

つまり、設定上は1日1回、デイサービスが利用できると言うことですね。

ただ、介護サービスを利用できるのは1日1回となっていますので、例えばケアサービスに含まれるホームヘルパーさんにお世話になった日は、デイサービスに通うことができません

また、支給限度額というものが設定されていますので、決められた単位数しか介護サービスを利用することが出来ません

デイサービスに通っていて、他に何かサービスを受けるとなると、単位が加算されていきますので、デイサービスを利用できる日数が減る可能性もあります。

ちなみに余談ですが、要支援1でも、週に2回ほどデイサービスに通うことが出来るんですよ。

自宅にいるより、外に出て、皆さんとお話をしたりお食事・入浴、時にはレクリエーションに参加した方が楽しいですよね。

デイサービス・ケアサービスを利用するには

要支援1、2と認定を受けた人は地域包括支援センターのスタッフと介護を受ける人・そのご家族が話し合い、介護予防サービス計画というものを作成します。

そして介護を受ける人・そのご家族が納得の上で、介護予防サービスを利用していきます。

一方、要介護1〜5と認定を受けた人は、要支援の認定を受けた人とは少し異なります

ケアマネージャーから居宅介護サービス計画というものを作成します。

しかし、ご自身で居宅介護サービス計画を作成することも出来るんですよ。(ご自身で作成した場合は市町村へ提出する必要があります。)

介護保険においてサービス利用の限度額がそれぞれ設定されています。

  • 要支援1・・・月49700円まで
  • 要介護2月・・194800円まで

支給限度額内でサービスを利用された場合は1割負担となりますので、最大19480円の支払いとなります。

この中には食費・レクリエーション代などは含まれませんので、自己負担となります。

また、支給限度額を超えてサービスを受けた場合は1割の負担ではなく、実費となりますのでご注意くださいね。

利用料には細かく設定がされています。

送迎もしっかり料金として計算されているのですよ。

介護保険制度のお陰で1割負担で利用できるので100円もかかりませんが、これが実費負担となると、タクシーと同じくらいの料金がかかるのです。

入浴も勿論、料金が計算されています。

過去に送迎なし、入浴なしの、ただ皆さんと会話したいだけでデイサービスを利用したい、という申し出の利用者さんもいらっしゃいました。

ご家族がご自宅で入浴介助なさって、デイサービスへの送迎も行っていたので、毎月支給限度額まで行かずにサービスを利用なさっていました。

このような利用の仕方もあるんですね。

必ず送迎から入浴から、と決まりきっているものではありません。

それぞれの利用者の皆さんの状況や要望などから、ケアマネージャーがケアプランを作成していきます。

どのように1ヶ月の介護サービスを利用するか、自分では判断できないですよね。

そのために、介護支援専門員、ケアマネージャーが存在するのです。

計画書の作成に料金は発生しませんので、安心してお気軽にケアマネージャーにご相談なさってくださいね

8要介護2 デイサービス、ケアサービスいけますか?㈰

デイサービスのお話を少ししましょう。

昔、レクリエーション活動の一環として、動物公園に出かけたこともありました。

動物は本当に癒されます。

利用者の皆さんがとても笑顔になってくださったのは印象的で、私まで嬉しくなり、元気を頂いた記憶があります。

余談になりますが、5年くらい前の話でしょうか。

生まれたばかりの赤ちゃんを動物園に連れて行くと、アレルギーにかかりにくいという噂でメディアは持ちきりでしたね。

最近は耳にしませんが、あれは本当に効果があったのでしょうか?

8要介護2 デイサービス、ケアサービスいけますか?㈪

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ