それってセクハラ発言では!?

それってセクハラ発言では!?でも・・現場では意外とOKなことも・・。」

一般的に「セクハラ発言」という言葉を聞くと、現代社会の中での大きな問題点と感じますよね。

高齢者の方々と日々接する介護職の方も、資格を取得する際には「言葉の使い方」に注意をするように教育をされると思います。

高齢者の方は我々の先輩であるため、失礼な言葉遣いは控えるようにということのようです。

特に介護状態が重い方においては、

「おむつ交換」

「トイレや入浴の手伝い」

といった行為を、介護職員はすることになります。

一般的にそのような行為って、「恥ずかしい・・」とご本人が感じることですよね。

そのため手伝ってもらう人の立場に立って考えるように・・

と「セクハラ」については注意を促されるのだと感じます。

私自身もそのような事を頭に置き、「高齢者の方たちに失礼のないように・・」と「固い考え」を持ち仕事につきました。 (一般的な考えでは、当然のことだと思うのですが・・。)

コミニュケーションの手段

DSCF4048_R

そんな中、老人ホームでの介護の仕事に就き、私が現場においてみた状況は、「固い考え」を持つ私にとっては意外なものでした。

職員さんと入居者さん達が、とってもフレンドリーなのです

そう聞くと、介護職員の虐待などが新聞でも見られる世の中においては、微笑ましい事のようにも聞こえるでしょう。

ただし、私にとっては「必要以上」のフレンドリーぶりのようにも思え、正直に言って驚きました。

言葉についてはわりあいオープンで

それって・・セクハラじゃないの!?いや・・確実にセクハラ発言だ!!

そう感じてしまうものだったのです。

内容についてはここで明らかにすることを控えたいのですが、いわゆるエッチやその類の言葉が満載なのです(笑)

もちろんレクリエーションで体操や合唱をする、様々なな考えを持った方が集まった場での発言ではありませんのでご安心ください。

そうとはいえ、自分自身が介護をする上で学んだ内容、社会的な考え方からすると、すぐに受け入れられるわけではありませんでした。

そういった言葉を嫌いな入居者様もいらっしゃるということも考えると、なおさら「そんな介護職員にはなれない・・」と思うこともありました。

そのように最初こそ抵抗があった私でしたが、仕事を続けていくうちに、これもコミュニケーションの一つなのだなと思うようになっていきました。

実際に男女を問わず、「セクハラ的な内容の話」を好む方もいらっしゃるのです

明らかに「無神経なセクハラ発言、行為」は大きな問題ですが、コミュニケーションとしての言葉の使い方は、和気あいあいとした空気作りには良いのかもしれないと思いました。

高齢者の方にとっては、老人ホームという場所は自分の家なのですよね。

自分の家だからこそ!!

年末年始、お盆、世間が楽しんでいる行事の時も、ご自分の自宅には帰らずにホームで暮らす方が多かったのです。

堅苦しい場所としてよりも、リラックスできる環境を望むのは当たり前かもしれません。

きっと、固い真面目なお話だけでは、日々生活する方たちも息が詰まってしまうのかもしれないなと感じました。

それに入居者さんと言えども、恋をして結婚をし、子供を産み育て、様々な経験を積んできた人間の先輩なのです。

そう考えると介護の仕事をする上では「あまり窮屈に考えないほうがいいのかな・・」と思ったりもします。

私自身も先輩の職員に、「セクハラ発言は絶対にしてはいけないと思っていました・・」と伝えると、思いっきり笑い飛ばされることもありました。

そして、男性・女性に関わらず、その人に合わせた接し方をすることが大切なのだと、介護の仕事をする上で先輩より教えていただくことになりました。

仕事をするにおいては、職種ごとに様々なルールがあると思います。

そんな中で介護の仕事をする上では、一般的なルールとは少し違った面があるのかもしれませんね。

でも、「人間的でとっても奥が深いなぁ・・施設の仕事は・・」と感じた経験でした。

2 Responses to “それってセクハラ発言では!?”

  1. ささ より:

    これってセクハラに思える発言が苦手な人にとっては耐え難い職場ですよね
    家の中でもそんな下品な話はしないので、なんとも……きつい職場があるものだと思いました

    • ganma523 より:

      たしかに・・・始めはかなり戸惑います。
      自分は言わなくても利用者さんが楽しんでいるのを見るだけで気持ちが和みます。
      セクハラと思った時点できつい現場ですね。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ