老人ホーム内の人間関係

2014-11-13 07.40.46

「老人ホーム内の人間関係・・複雑に絡み合っているようです。」

「人間関係の悩み」といえば、小さな子供達から大人まで共通に持つ悩み事ですよね。

人間が3人集まる所には、人間関係のもつれ事は起きるとも言われている世の中です。

学校生活を送っている子供達には、いじめが原因になっている事件も、社会問題として起こっているのが現実です。

また、大人の世界ではさらに人間関係の幅が広くなり、「親戚関係」「職場において」など、問題事を挙げればきりがないほどです。

オープンにされていない人間関係

ところでみなさんは、老人ホームなどの高齢者施設では、どのような人間関係があると思われますか?

実際には、そういった施設内での人間関係の悩みについては、あまり世間には聞こえてきませんよね。

施設内での職員さんの仕事についての大変さや、介護報酬が安い・・などについては、聞こえてくることはよくありますが・・。

でも、高齢者施設の中にも、しっかりと人間関係の悩み事は発生しているんです!!

それも意外に子供じみた、少々ばかばかしいと思えるような、そんなもめ事になるといえるかもしれません。

ただし、本人たちにとっては真剣なもめ事であるため、職員さんもいい加減な対応はできないのです。

「いい年をしたおばあさん」と見られる方が、感情的になり涙を流す、そのような状況が見られることもあるのですから。

客観的に見れば、なんだか可愛らしくも見える、幼稚な問題なのですが・・。

もめ事というものは、私が見てきた限りでは、男性が争い事を好んで起こすことは少ないと感じています。

やはり自分のみっともない面を見せるのは、嫌だと考える方が多いからではないでしょうか。

それに比べて女性同士の争い事は、見ていてあきれてしまうこともあります。

例えば施設の中で新しい入居者さんが入ってこられた場合、よく起きる問題が食事時などの席取りについてなのです。

古くからいらっしゃる入居者さんで、女性の中でも幅を利かす方、どこにでもいらっしゃいますよね。

そういった方が「そこの席・・○○さんのとこなんだけど」など、嫌味な言い方をすることが。

職員側から見れば、席なんて譲り合いの心でいいじゃないと思うのですが、入居者の方からするとそうはいきません。

できるだけ穏便に、今後の入居者さん同士のお付き合いに困ったことが起きないように、空気作りをする必要があります。

利用者さん同士で嫉妬も・・・

また、施設においては女性よりも男性の方が少ない場合が多いです。

そんな中で、ハンサムで昔はモテたであろう方について、女性同士でのもめ事が起きます。

その場合は単なるやきもちが原因となっていますが、男女問題は高齢者の方においてもデリケートです。

何気に話しているだけの男女であっても、嫉妬心を持った女性の軍団から見れば、おもしろくはないようです。

女性に対して嫌味を言ってみたり、いじめのようになる場合もあるため、軽く見ているわけにもいきません。

また、職員が軽くからかうようにいじめを注意したものなら、嫉妬をしている側の方を傷つけることにもなります。

入居者さん同士でのもめごとも困ったものですが、もっと複雑なこともあります。

私達が人と向き合う時、必ず自分の中に湧き出す感情は「あの人は好き」「あの人は嫌い」といったもの。

これは人間同士なら相性があるため、ある程度は仕方がないものだと感じます。

施設内においては、職員同士、入居者さん同士、そして職員と入居者の間にも相性は発生するのです。

職員の中にも様々な個性を持つ人がいらっしゃるわけです。

そんな中で、職員と入居者が共通して持つ感情「あの職員のことが嫌い」その気持ちが起こった場合、大変な状態が出来上がります。

職員と入居者さんがタッグを組んで、職員をいじめるという形を作り上げることもあります。

「あの人の言うことは聞かない」という利用者さんに対して、味方である職員は嫌いな職員を責めたてる、そういった状況が出来上がります。

老人ホームでの仕事は人間同士のコミュニケーションなしでは成り立たず、無言で通していたのでは仕事ができないのです。

そのような中で、人間関係の悪さが明るみになっている職場ほど働きにくいところはありません。

とにもかくにも、施設内の人間関係というものは、複雑で厄介なものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ